ホーム
院長のひとりごと コラム > BREXプレーオフ進出!
2014年05月02日

tabuse

 栃木のプロスポーツチームの1つであるバスケットボールチーム、「リンク栃木ブレックス」が4シーズンぶりにプレーオフの進出を決めました。

ブレックスは北海道レバンガと同率3位で最終戦を迎える熱い展開となり最終戦、ブレックスが勝てばプレーオフ、負けてレバンガが勝てば4位後退でプレーオフを逃すといったプレッシャーの中、清原体育館で行われたホームゲームはほぼ満員で熱気にあふれていました(因みに両チーム共に勝ち、共に負けの場合は直接対決時の得失点差でブレックスがプレーオフ進出)。 結果、ブレックスは83-73で千葉ジェッツに勝利し、レバンガも日立に勝利するも上述の如くブレックスのプレーオフとなりました。

 

(以下試合結果報告より) ブレックスは立ち上がりから大観衆の大声援を背にリバウンド、 ルーズボールなど気迫のこもったプレーを見せ前半を48-40とリードします。 後半、千葉の3ポイントシュートに苦しめられる場面があるも、 相手に流れが渡さず#25 古川の3ポイントなどでリードを広げ83-73で勝利! 最終ピリオドの千葉の追い上げにも約3,000名のブレックスファンとともに最後まで戦い、 皆で掴み取った勝利となりました! ◆リンク栃木STATS #25 古川 20PTS(3P 6/8) #0 田臥 19PTS、7AS、5R #32 ロシター 12PTS、12R、2BS #24 ブレントン 10PTS、6R、3AS、3BS この結果イースタンカンファレンス3位が確定し、 4シーズンぶりのプレーオフ進出が決まりました! また、#15 竹田選手が連続出場300試合という偉業を達成し、 プレーオフ進出に華を添えてくれました。                    リンク栃木ブレックス試合結果報告より引用
クリニックロゴ

当院も5年ほど前よりブレックスと協力関係を結び、現在は耳鼻科的外傷や病気、インフルエンザの予防注射を行っています。  アスリート集団ですので、予防接種時にとても感じたのは皮下脂肪の少なさ!(まぁ、そうでない選手も中にはいますが…(笑)!) 聞き腕でない方の肩付近の皮下に注射を行いますが、鍛えた筋肉質の身体は皮下脂肪をつまんでも接種する場所に困ることもあり、当初はやや困惑気味でした。しかし徐々に皮下脂肪な無くても打ちやすい場所、あまり痛がられない場所が分かってくるようになり、これは病院を受診されて接種される方にも還元できているのではないかと思っています! シーズン中に接種しますので、接種後の週の試合は「うったところが赤くなってないか」とか「腫れてないかな!」、「痛み残ったりしていないか」etc…と、他のギャラリーとは違った視点で試合を観てしまいます。

また、チアガールの「BREXY」も選手同様、激しく動くだけあって、やはり筋肉質というか肩や上腕三頭筋のラインがきれいな方が多く、皮下脂肪を探すのに苦労する場面がございます!

5月3日よりプレーオフが始まりますが、日本一を目指して是非とも頑張ってほしいものです。 皆さんも是非、応援してください!!

試合