ホーム
院長のひとりごと コラム > 建て替え工事始まる…!
2014年09月20日

解体工事

 平成19年に旧幸仁会医院より承継させていただき、たかしまクリニックとしておかげさまで8年目を迎えました。引継いだ診療所の建物は昭和41年に建設されたもので、老朽化に伴い年々メンテナンスの箇所は増え、いよいよ抜本的対策を講じる必要が出てまいりました。

 昨今流行りのリノベーションで建物本体を残すか、解体のうえ新しく建替えるか専門家の意見を聞きながらあれこれ悩み、検討した結果、建替える決断をしたのがおよそ2年前のことでした。そこから建物の展示会や展示場巡りなど経て、今回お願いした建築士さんと出会うことが出来ました。

 建て替え中、クリニックを休診にするわけには参りませんので現状の建物を減築のうえ新しいものを建てる方向で設計を進めていきましたが、どうにもまとまらず、試行錯誤を繰り返しているうちに幸いにも隣地を譲っていただく運びとなったことからプレハブの仮設診療所を設置し、現在のものをすべて取り壊し建替える方向へ舵をきることとなりました。

 既に予定していた工程は遅れていたものの、そこから白紙の状態で一から設計をし直していただきました。建築士さんにも大変ご迷惑をお掛けしましたが、限られた時間の中で吟味を重ね、納得のいく内容の設計をしていただくことが出来ました。

 更にそこから様々な届出や業者さんとの打ち合わせ、引越しetc.………!

 思い出すだけでめまいがするほどの慌ただしさでしたが、平成26年7月26日(土)午後よりクリニックの引越しが始まり、7月29日(火)から仮設診療所での診察がスタート。

 ここで一つ、今後開業や建替えをされる先生がこれをご覧になりましたら是非お伝えしておきたいのが、電話と電気については工程には時間の猶予をみておかれることをお勧め致します!

 今回、電気の通電が予定より大幅に遅れたため、搬入した器械の設定が引っ越しと重なり、「本当に明日からここで診療ができるのだろうか…!?」と思うほどのてんやわんやでした。まぁ、何とかなりましたので、いい意味で予想外でしたが(笑)!

 話しはそれましたが、引越しの完了と共に診療所の解体工事も31日より始まりました。10月中旬よりいよいよ新診療所の建築が開始され、27年6月には完成を予定しています。

 当地は、元は木村病院という耳鼻科で、その後、幸仁会病院、幸仁会医院となり、たかしまクリニックへと、一貫して耳鼻科の病院として1世紀近く(以上かもしれませんが)地域に根付き、先人の先生方が尽力なさってこられました。私もご縁があってこの地へお世話になることとなり、今後も微力ながらその一役を担っていきたいと思っております。

 多忙と心労で痩せるかと思っていましたが体重は特に変わらず(笑)、意外と元気で過ごしています。解体と建築の経過をブログにアップしていく予定ですが、HPとのリンクの方法が分からず、何とか近いうちに繋げたいと思います(うまくいけばいいのですが…)。

 乞うご期待!